そして、本番です。今年は、《打毬楽》(だきゅうらく、たぎゅうらく)というちょっと変わった曲が舞われました。打毬という、ホッケーのようなスポーツをモチーフとした舞楽です。毬杖(ぎっちょう)という先の曲がった棒(ゴルフのパターや、ホッケーのスティックみたいな感じのもの)を持ち、毬を打ちます。以前、伊勢に行ったとき、「いつきのみや歴史体験館」で遊んだことがあるので、ちょっと懐かしかったです。