新御車寄(しんみくるまよせ)。
雅楽の催しはここで行われるので、しばらく待機です。ついたときにはすでに見物客でごった返していました。