“信玄公祭り”の時代行列は夕方からなので、それまで近辺を観光することにしました。
そこでまずは桃の花を見るために笛吹市へ。
この辺りは桃畑が一面に広がっているため、花の時季には“桃源郷”と銘打って観光資源としているようです。

写真は、「いちのみや桃の里ふれあい文化館」の駐車場の桃(たぶん)。