こうして、ゆっくりと拝観した後、京都駅に戻り、身分不相応にも新幹線で帰路についたのでした。

おしまい。