3つ目の場面は、源氏物語千年紀にちなみ、『紫式部日記』より御冊子作り。
紫式部と、奥にいらっしゃるのは藤原道長。