東門。ここから入ったのですが、うっかり見逃してしまいそうになったほど、控えめな門でした。