てくてくと歩いていくと、たまに史跡の方向を示す立て札があるのですが、これがわりと不十分で、設置すべき分岐点にちゃんと設置されていなかったりして、あっという間にモデルコースを逸脱してしまいました(笑)。
しかし、とりあえず方角は合っていたので、構わず歩き続けていくと、「学校院跡」というのを見つけました。大宰府政庁跡まで、あと少しです。