『枕草子』より。
「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ」