ようやくバス停に戻ってきました。今度は、そこそこ良いタイミングでした(笑)。