枯れ始めるか否かの、最後の見頃といった感じでした。