そして再び母屋の南側に戻ってきました。
珍しく簀子に誰も出ていませんね。