嵯峨といえば竹。というわけで、竹越しに源氏の君を見てみました。