この時、斎王に心ひかれてしまった朱雀帝。しかし、その恋は実らず……。