“入綾”を舞う夕霧と柏木の姿に、光源氏が、若き日の自分と頭中将の姿を重ね合わせる場面。