花散里。地味ですが、実物を見ると、意外と素敵です。
「浅縹の海賦の文、織様なまめきたれど、匂ひやかならぬに、いと濃き掻練具して」