帥宮(のちの蛍兵部卿宮)からの文を挟んで、向かい合う光源氏と玉鬘。なんとも色っぽい格好ですな、源氏の君。