「ねねの道」です。この手前で写真撮影をさせられていた女の子は、「ねね」ちゃんという名前なんだそうです。名前のゆかりの場所へ、連れてこられたんでしょうか。小さな子には、退屈な場所でしょうに。^^;