鶴岡八幡宮の本殿は、屋根の葺き替え工事だかなんだかで近寄れず、階段の途中に、遥拝殿なるものができていました。