光源氏のもとに人々が集まってきて、月を愛でている場面ですな。