もとは禊ぎの川だったのが、和泉式部の伝承とからまって、「思ひ川」と呼ばれるようになったのだとか。