「玉鬘」の衣配りの場面より、紫の上の装束。
「紅梅の、いと、いたく文浮きたるに、葡萄染の御小袿、今様色のすぐれたる」