『源氏物語』「若菜下」より、女楽の場面。