無料ブログはココログ

« 2010年春 奈良・京都旅行 | トップページ | 2010年春 奈良・京都旅行(3) »

2010年3月28日 (日)

2010年春 奈良・京都旅行(2)

2日目 3月8日(月)

昨日の大移動が、よっぽど身体にこたえたのでしょうか。
朝7時過ぎ、別室に泊まっていたTY先輩からのメールの着信音で目が覚めました。
気がつけば約束の時刻を数分過ぎていて、慌てて飛び起き、10分ほどで支度をして、部屋から飛び出しました。
まさかの寝坊。
平謝りしつつ、朝食をとりに向かいました。

そして朝食後、荷物をまとめ、宿をあとにしました。
最初の行き先は、信貴山朝護孫寺です。
昨日、平城遷都1300年記念の「国宝巡礼奈良まほろば手帳」を購入しておいたので、集印状にスタンプを押すために(笑)。
それに、今年は寅年ですしね。

奈良駅から関西本線で王寺まで行き、近鉄に乗り換えて1つめの信貴山下駅で下車。
駅からはバスで10分ほど。「信貴山」バス停で降りました。
9時ちょっと前に奈良駅を出発し、到着したのは9時40分頃でした。
バス停付近
▲信貴山バス停裏に咲いていた梅(?)と菜の花。
案内板の通り、バス停から朝護孫寺までは徒歩15分くらいです。
ちょっとめんどくさいなーとは思ったのですが、歩いてみると、それほど距離は感じませんでした。
巨大はりこの虎
▲バス停から10分ほど歩いていくと、巨大な虎さんがお出迎え。
ちっこい虎
▲ちっこい虎さんもいました。
いかにも跨ってほしそうなフォルムなのに、「乗らないで下さい」と書いてあります。残念。
本堂への階段
▲そして、本堂へ。
真っ暗な中を歩いてカギを触ってくる、“戒壇めぐり”をしました。
めちゃくちゃ苦手なんですけどね、真っ暗な所。
本堂から見た虎
▲本堂の前から見た、さっきの虎さん。
あんなに遠くから登ってきたのね~、と、ちょっとびっくり。
本堂からの眺望
▲本堂からの眺望。あいにくの曇天ですが。
と、そんなわけで朝護孫寺のお参りを終え、先ほどのバス停へ戻りました。

バスでまた信貴山下駅に向かい、近鉄で王寺へ。
王寺からはJR関西本線で大阪へ行き、阪急梅田駅から桂に向かいます。
11時20分頃に信貴山下駅を出て、大阪に着いたのは12時ちょっと過ぎでした。
そのまま真っ直ぐ桂に行ってしまうと早く着きすぎてしまうし、ちょうど良い時間でしたので、大阪で昼食をとることにしました。
で、改めて桂に向かったのですが、それでも時間がありあまってしまい、安住の地を求めさまよったあげく、しばらく桂川の土手でぼけっと過ごすことに……。
桂川に阪急電車
▲桂川に阪急電車。素敵。
しかし、桂離宮の見学時間は3時半からで、それまでにまだ約1時間くらいあります。
寒空の下、そんなに長くぼけっと過ごすわけにもいかないので、お店を見つけて茶ーをしばきつつ、適当に時間をつぶしました。
1人だったら、朝護孫寺と桂離宮の間に、もう1箇所くらい見学できたんですけどね。
あんまり動きたくないみたいで、却下されちゃいました。

やがて受付開始の時刻になったので、桂離宮へ向かいました。
既に他の見学者さんたちは集合していましたが、ねらい通り、それほど人数は多くありませんでした。
そして3時半になり、いつものように職員の方に率いられて、お庭を案内していただきました。
でも、そりゃ、不人気なハズなんですよね~。あちこち工事中だったり、お池の水が抜かれていたりで。
桂離宮表門
▲表門もこの通りです。
桂離宮の蘇鉄
▲外腰掛の正面の蘇鉄も、こんな気持ち悪い感じに……。
寒い時季だから仕方ないけれど。
からっぽの池
▲お池も水がなくて、こんな具合。
まあ、ある意味、レアっちゃレアですよね。
同行の人数が少ない分、前回のようにお行儀の悪いお客さんもあんまりいなかったし、ゆったり見られたのは良かったです。
でも、この時季はお庭の色が寂しいので、初心者には夏が1番おすすめですかね。
春や秋に比べたら全然人気ないと思いますけど、避暑の為の工夫が施されているので、意外と快適ですよ。
まだ行ったことがないという方、機会があれば、ぜひ足をお運び下さいね。
そして行ったことのある方も、色々な季節に何度でも♪
まあ、3ヶ月も前から応募しないといけないのは面倒ですけどね……。

というわけで、この他の写真は、また後日、フォトアルバムのほうで。
(前回は撮影した写真を公開しませんでしたが、どうも商売目的でなければ良さそうなので

帰りは、バスで京都駅へ。
TY先輩は贅沢にも、また一足先に新幹線で東京へお帰りになるので、お見送りがてら、お土産売り場などを案内してまわりました。
ついでに私も、明日買うお土産の目星をつけたりしつつ。
桂離宮の見学時間がもう少し早かったら、私もその日のうちに帰れたのですけど、4時には京都を出なければ終電に間に合わないので、もう1泊することにしたのです。
新幹線を使うよりは安上がりな上、滞在時間が延びるのは嬉しいですしね。

そんなわけでTY先輩とお別れし、晴れて自由の身に!(←こら)
2日目の宿は、お隣の滋賀県、大津にとっていました。
京都とは目と鼻の先で、琵琶湖線でたったの10分ですから。で、京都より宿泊料が安い。
まあ、はじめから2泊するつもりだったら、奈良で2泊したんですけどね~。急なことだったので。

それでは、3日目に、つづく。

« 2010年春 奈良・京都旅行 | トップページ | 2010年春 奈良・京都旅行(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
怒涛のBLOG UPが、
怒涛の旅の具合を感じさせられましたw

詳細な時系列の旅の経過や途中の迷い?のような事柄が、
書かれている部分が面白く感じられます。

UPされている内容がすべてうらやましく感じます。
(自分も旅行好きです。)
なぜか、せっかちに早読みしてしまいます。

桂離宮て、なかなか当選しないって聞きます。
引きが強いんですね。
奈良は、平城京遷都1300年際ですね。
私も今秋、奈良へ行こうと思っているので、興味心身です。

虎の置物?遊具?は首が動くんですかね?
なんか会津のあかべこを思い出しました。

1日目、2日目とても興味深く読ませていただきました。
ありがとうございました。
3日目も楽しみにしています。

最後に、片道11時間の鈍行のたびご苦労様でした。

コメントありがとうございます。
少々遅くなりましたが、旅行記らしきものを書いてみました。

確かに桂離宮はなかなか当選しないですね~。
WEB申込よりハガキのほうが確率高いのかな?と思うのですが、ハガキだと細かい日時を指定できないのが難点です。

奈良へは毎年「正倉院展」に合わせて行っているのですが、あまり観光はしていないので、今年は方々を巡りたいと思っております。

虎は動きそうな形をしてますが、はたして……?

この記事へのコメントは終了しました。

« 2010年春 奈良・京都旅行 | トップページ | 2010年春 奈良・京都旅行(3) »